ラストの借金!どう返すか?

ラストの借金!どう返すか?

ラストの借金!どう返すか?

ありがとうと言えるようになるまでが借金の終わりがないのかもしれない。

 

 

楽しい事が何もない。なぜならお金を返すだけの為の生活になってしまうからだ。未来を見すぎてしまうと本当に大切な今を失ってしまうことになる。

 

 

 

あの人は確かにそれであそこまで上り詰めたのかもしれない。

 

 

ストイックになっても良い業種もあれば、じゃないこともある。

 

2週間くらい前まで、車に砂が降りかかったり粒子の細かい粉が洗濯にかかったりと黄砂が大フィーバーをしていました。
けれども気が付いて見たら車にあまり砂が乗らなくなったし、そういえば家の周りも何となく黄色い粉がなくなってきたように感じました。

 

もしかしたら風向きが変わってきたのかそれとも季節が夏に向かっているのか、どちらにしても台風が何個かおしをせてきているので風向きが変わってしまったのでしょう。

 

目がかゆくなくなってきたと思ったら今度は、自然災害の台風が来るようになってしまうので本当に迷惑です。

 

仕方がないといえば島国に住んでいるので仕方がないかもしれないけれど、毎年この季節になるととても大変なのです。

 

結婚してはじめての年は、台風の風のせいでマンションの向かいの家から柱が降ってきて、マンションのベランダに突き刺さりました。

 

これはとても怖くて、動かすことができなかったのでマンションの管理会社の方に来ていただきました。
何が起こるかわからないから怖いです。

 

 

 

あなたは借金返せない時

 

 

 

変わることができるとすればかなり魅力的な男性になって素敵な女性をゲットすることやろうな。お互いの時間を尊重しつつ、ありのままの自分をさらけ出せる人と出会いたい。

 

 

 

別れがあるからお互いが成長できるのかもしれない。今回の教訓はそんなことだったのかもしれないな。

 

 

 

期待をしたり、無理になったり。

 

よく困るのが足の爪が割れやすくなって、もしかしたら栄養が足りていないのかもしれません。
足の爪の中でも右足の小指だけが、いつも何かに憑かかってひっかかるので眠るときに困ります。
眠るときは靴下も入っていないし、布団の中で足を動かすと毛布にひっついたりタオルケットの一途を引っ張ったりと困るような事態になります。

 

何よりも詰めが追われると自分が一番痛いので、痛みと闘いながら歩くこともよくあります。
たんぱく質が足りないのかもしれないと思って大豆を食べたり、赤身の肉を食べていたりしていますがもしかしたら今入っている靴があっていないのかもしれないです。
新しくてはなく前からのお気に入りを履いているのですが、そろそろ古くなってきたので何か自分に合った新しい靴を買うのもいいかもしれないです。
私は足の横幅が人よりも大きいので靴選びはかなり苦戦するのですが、自分の新しい靴を買うなんて久しぶりなのでとてもうれしい気持ちです。

 

 

 

自分を自分が一番知っているようで知らないのかもしれない。1日をとにかく全力で生きていくようにする。とにかく怠惰する自分が嫌いなのだ。仕事としてもかなりやりがいがないと動けない体になってしまう。
とにかく周りの人を大切にすること。その中でも自分が楽しいと思うことを継続的にこなしていくだけの実力が必要とされる。

 

 

 

お気に入りの借金の返し方があるとすれば

 


ホーム RSS購読